”次亜塩素酸の新型コロナウィルスへの有効性が確認されました。” 6/26 NITE(製品評価技術基盤機構)から「新型コロナウィルスに対する代替消毒方法の有効性評価」(最終報告)が公表されました。

以下に、NITE「新型コロナウィルスに対する代替消毒方法の有効性評価(最終報告)に内、次亜塩素酸水に関する記載を抜粋します。

1.代替消毒候補物資

2.次亜塩素酸水の分類

3.試験対象の次亜塩素酸水

4.試験実施機関と試験概要

5.有効性判定のポイント

(1)次亜塩素酸水においては、溶液のpHと有効塩素濃度が等しければ、電解型と非電解型を同一の判断基準で扱う。

「最終報告」P29から抜粋

(2)非電解型のジクロロイソシアヌル酸ナトリウムについては、他の次亜塩素酸水とは分けて判断する。

「最終報告」P29から抜粋

(3)本委員会で検討した有効性評価の対象とならなかったことが、当該物資の新型コロナウィルスに対する有効性への何らかの評価を意味するものではない。

「最終報告」P35から抜粋

(4)今回、検証に至らなかった物資については、検証等の取り組みが、研究機関や民間事業者によって進められる場合には、今回の経験やこれから蓄積される知見が効果的に活用されることを期待する。

「最終報告」P36から抜粋

5.新型コロナウィルスに対して有効と判断された物資と基準値等