新型コロナウィルスの生存時間について

アメリカ国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)のNeeltje van Doremalen氏らは、エアロゾル(粒子径5μm未満)での新型コロナウイルス(COVID-19)の表面安定性について、エアロゾル内で3時間、物質の表面上では2~3日生存できることを示唆した。NEJM誌オンライン版2020年3月17日号のCORRESPONDENCEに報告した。

①エアロゾルの状態で3時間生存可能だった。

②プラスティック表面上では72時間。

③ステンレス鋼表面上では48時間。

④銅表面上では4時間。

⑤段ボール表面上では24時間。

[ケアネット:ニュース] <dmn_b@www.carenet.com>3/24記事から抜粋。

詳細は原著論文を参照してください。

van Doremalen N, et al. N Engl J Med.2020 Mar 17.[Epub ahead of print]